部位別アプローチ
部位別のアプローチ方法です。
ご自身の目的やお悩み、気になる部位に合わせて、オプションコースをお選びいただけます。
筋肉、腱、靭帯などが硬くなると体の可動域、柔軟性が低下して関節や腰などにストレスが蓄積されていき、
やがて腰痛を引き起こします。日々のストレッチによる柔軟性アップや腰痛の原因となる根本的な体の歪み
を整えることによって改善されていきます。
アプローチ筋肉

腰方形筋、脊柱起立筋、腸腰筋、大臀筋、中臀筋、ハムストリングス、内転筋群

アプローチ方法

【ストレッチ】
骨盤周りの固まっている筋肉にアプローチしていき可動域を広げ、腰に
対する負担を軽減させます。

【トレーニング】
骨盤周りを安定させるスクワットや腹筋のエクササイズを行っていきます。

効能・効果

腰痛改善、姿勢改善

オプションコース
腰痛
膝は老若男女関係なく痛めやすい部位です。痛みの原因は様々ですが、猫背などによる姿勢の問題やスポーツ(ジャンプやランニング動作など)によっても膝を痛めてしまいます。正しい姿勢、フォームを身につけることにより膝の痛みが出るリスクを避けます。まずは、お客様の痛みの原因を見つけ出し、正しいアドバイスをしながら改善させていきます。

アプローチ筋肉

大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋群

アプローチ方法

【ストレッチ】
太ももの周辺の固まっている筋肉を伸ばし、膝の負担を軽減させます。

【トレーニング】
膝が痛むのは膝周りの筋肉が弱いことも原因のひとつです。トレーニングによって膝周りの筋肉を強くし、膝を安定させていきます。そうすることでバランスが整いひざ痛が改善されます。

効能・効果

膝痛改善、太ももの引き締め

オプションコース
ひざ痛
むくみと言えばふくらはぎが気になるポイントのひとつ。むくみの原因は立ち仕事など、同じ姿勢を続けていることで血流が抑制され、老廃物が滞ってしまうことです。ふくらはぎのむくみは筋力や柔軟性の低下によるのも原因のひとつであり、パワーストレッチ広尾ではトレーニングとストレッチを組み合わせて行うことで、ほっそりしたラインのふくらはぎに仕上げていきます。
アプローチ筋肉

ヒラメ筋、腓腹筋、足底筋、後脛骨筋、腓骨筋群

アプローチ方法

【ストレッチ】
つま先を脛(すね)に近づけながらふくらはぎを伸ばしていきます。伸ばすことにより血流が改善され、むくみを取っていきます。

【トレーニング】
つま先を床に着けたまま、かかとを上げるカーフレイズというエクササイズ。
ふくらはぎの筋肉をつけ、血液を運ぶパイプ機能の衰えを改善させます。

効能・効果

むくみ解消・予防、血流促進、ふくらはぎの引き締め

オプションコース
むくみ
足裏の筋肉は指を曲げるときに使われる筋肉であり、足裏のアーチを保つのに役立つ筋肉です。アーチが崩れると偏平足になったり、足が疲れやすくなります。

アプローチ筋肉

母指球筋、小指球筋、中足筋

アプローチ方法

【ストレッチ】
親指から小指を自分の体の方向に反らすことでストレッチされます。
ゴルフボールを足全体転がすことによってほぐれてきます。

効能・効果

足の疲れ、偏平足の改善

オプションコース
足裏・かかと
足裏・かかと

ページトップボタン